チューリップ畑

知っていますか?”サラシア”のこと!

サラシアの歴史

スリランカ伝統の樹、サラシア

サラシアは、スリランカやインドなど亜熱帯地域に広く分布するツル性植物で、スリランカではコタラヒムブツと呼ばれています。

 

食前にサラシア(コタラヒムブツ)を摂取すると、食後の糖質の吸収を最小限に抑えられるとされ、現地では知らない人はいない伝統的な薬用植物です。

伝統の証明とブームの到来

特に産出地方では、サラシア(コタラヒムブツ)の木で作ったコップで水を飲むという習慣があり、また5000年の歴史を持つアーユルヴェーダ医学でも重宝されてきました。

近年日本の研究で、科学的にも証明されたことや、2002年にWHOが学術名「サラシア・レティキュラータ」を名称登録したことを機に、世界的なブームになりつつあります。

注目のスリランカ産サラシア

スリランカ産のサラシアは、長く門外不出とされてきましたが、スリランカ政府による厳しい管理体制のもと、一定条件下で輸出が認められるようになりました。

同時に、他国産に比べてその成分含有率の秀逸さが認められ、サプリメントとして注目が高まっています。

お知らせ

2017.12.12 ホームページオープン致しました。 

2018.2.24 Dセレクションにて商品が紹介されました。

      Dセレクション放映記念特別価格販売いたしてます。(期間限定!!)

Contents

お問い合わせ

株式会社サラシアヘルスケア

電話番号

050-3786-4617

メールアドレス

salacia.health.care@gmail.com